【満室大家さん!空室大家さん!】こんな大家は空室だらけにしてやるぞ!

oyasan

>>公開は終了しました<<

不動産投資家であれば、せっかく一棟買いをしても、空室が空室を呼ぶ「負のスパイラル」
陥りたくないと誰しも思うのではないでしょうか。

競売物件などでは入居者に癖のある人が残る厄介なケースが珍しくありませんし、トラブルが
特にない物件であっても、まわりにライバルが増えるといった条件の変化によって、入居率が
徐々に下がるといった現象は頻繁に起こっているものです。

家賃を下げれば運用利回りが低下するだけでなく不良入居者が増加するといったデメリットも
ありますし、リニューアルするにも費用が必要ですから頻繁に行うわけにもいきません。

その一方で、「満室にならない物件はない」と断言するのは、元大手賃貸仲介業者店長の山崎
さんです。

空室に生活保護者を入れて「貧困ビジネス」を行うという方法もありますが、山崎さんが言う
空室対策は正攻法ばかりです。

賃貸仲介業者と不動産投資家の付き合いが悪いと、どうしても入居希望者への紹介を後回しに
するといったケースが起こる一方、管理会社や賃貸仲介業者と良好な関係を築くことで適切な
アドバイスも受けられますし、空室ができる問題点が明確化するので対策が取りやすくなると
いうメリットが得られます。

そこで、「満室経営バイブル」という著書で有名な不動産投資家の今田信宏さんが山崎さんに
インタビューするという形式で「満室にできる大家さん」と「空室を解消できない大家さん」
とで何が違うのか
を徹底的に聞き出すことに成功しました。

それが「満室大家さん!空室大家さん!」です。

このページの先頭へ