【夢ワールドFX】バックテスト勝率97%でもカーブフィッティングされていない?

yumefx

>>公開は終了しました<<

松原秀樹さんが開発したFX自動売買システム「夢ワールドFX」は、半年間のバックテストの
トレード勝率が97%という驚異的な水準になっています。

プロフィットファクターに至っては75.67と、あまりに非常識なレベルで驚きました。

2を超えれば異常というのが一般的な認識ですから、この段階で「使えないシステム」である
と結論づけて切り捨てる
レビュー者がいてもおかしくありません。

あなたも、これだけトレード勝率が高いと、

  • 損切りをしていないのではないか
  • ナンピン・マーチンゲールをしているのではないか

といった疑問を感じるのではないでしょうか。
しかし、松原さんはどちらも明快に否定しています。

バックテストを見れば明らかなように、トレード平均で18.79pipsの利益を出している一方で
平均損失は8.94pipsに抑えこんでおり、トレード勝率の高さと合わせて考えると圧倒的な利大
損小を実現できている
と言えるでしょう。

また、バックテストだけだったら、都合の良い期間だけ切り出せば、見た目だけはよく出来る
といった指摘も数多くされています。

その点に対しても、松原さんは反論するべくフォワードテストを行っています。
>>公開は終了しました<<

トレード勝率74%、プロフィットファクターが1.77と急に現実的な数値になったので驚いた
かもしれませんが、これが本来の実力といったところではないでしょうか。

なお、夢ワールドFXのトレード回数が少ないことに気がついたかもしれません。
バックテストだと半年間で185回のトレードですから少なく感じる人もいるでしょう。

しかし、夢ワールドFXはスキャルピングタイプのロジックではなく、スイングトレードを採用
していることから、どうしても1トレードあたりの時間が長くなるために回数が減るのは避け
られないのです。

このページの先頭へ