株価の天井・底と転換点が簡単にわかるテクニカル指標の活用法を暴露

tenkan

appli02_red

株式トレードだけに限った話ではなく、過去チャートを見れば、どのタイミングでエントリーを
行って決済すれば最も稼げるのか、誰でも簡単に判断できる
と思います。

しかし、その簡単なことが実際のトレードで全くできない人が大半というのは、株価の値動きが
まさしく動いている最中であり、どのタイミングでエントリーやクローズをするのが最適なのか
判断するのが難しいから
だというのは、改めて説明するまでもないでしょう。

株価は大底まで下がりきったと思ってエントリーしたら更に株価が下がっていったという経験は
ありませんか?

あなたも予想とは全く逆に株価が動いて「往復ビンタ」を何度も食らったという経験をした事が
一度はあるのではないかと思います。

その理由は簡単で、相場の値動きが全くできていないからです。

もちろん、預言者や超能力者などに関しては評価のしようがないので今回は無視しますが、未来
のことは誰しも予測できるわけがありませんから、全てのトレードを完璧に予測して正しく行う
ことは不可能です。

しかし、100%とは言いませんが、高い確率でエントリーが適切なトレンドの転換点であったり
株価の天井・底といったタイミングを予測できるテクニカル指標を使うことで、トレード単位で
損失を出すことはあったとしても、トレード回数を増やせば利益を増やすことができます。

そのテクニカル指標を株式会社ケンコンサルティングの小林憲司さんが開発しました。

  • 誰が見ても転換点だと判断できる
  • ダマシに合いにくい
  • リペイントで消えたりシグナルが遅れるといった心配がない

といった多くのトレーダーが心配する問題点をすべてクリアしたテクニカル指標です。

順張りであればトレンド転換後にエントリーすればいいわけですし、逆張りであれば、微妙には
送れてしまうかもしれませんが、トレンドやレンジが切り替わるポイントでエントリーをすれば
いいわけです。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ