【蛭田宙の「投資の極意」】1日25分で稼ぎ続ける株式トレード手法

t-gokui

>>公開は終了しました<<

蛭田宙(ひるたひろし)さんは、1日25分間の7つの作業を繰り返したことで、株式投資で年間
2000万円以上を稼いだというトレーダーですが、なにか特殊なことをしているわけではなく、
安い時に買って高い時に売るという基本的な株式トレードしか行っていないというのです。

この1日25分間は株式市場が開いている時間ではなく、寝る前の空き時間で十分だというのです
から驚くのではないでしょうか。

もちろん、すべてのトレードで利益を出すことは不可能であって、蛭田さんもトレード単位では
損失を出していることも珍しくありません。

早い段階で適切な損切りを行い、利益が出てもすぐに確定させるのではなく、できるだけ利益を
伸ばしているからこそ可能になります。

つまり、年2000万円を超える利益を出すということは「利大損小のトレードができている」
いうことです。

蛭田さんは、投資成功者には16個の共通点が存在しているといいます。

この16個さえマスターできれば、他のことができなくても勝ち組トレーダーになれるというわけ
ではありませんが、ほとんどの場合は少なくとも「負け組」からは脱出できていると思います。

この勝ち組トレーダーの共通点だけでなく、1日25分で利益を出し続けるというトレード手法が
蛭田宙の「投資の極意」として公開されました。

テキストと動画を併用して蛭田さんが説明しますので、遠隔授業を受けている感覚で学ぶことが
できます。

全くの株式投資未経験者でも理解できるようにマニュアルが構成されていますので、経験者には
冗長に感じる部分もありますが、ボリュームを増やすためであるとか無駄なコンテンツだと切り
捨ててしまうのは視野が狭いと言わざるを得ません。

わからないことがあればメールサポートが受けられますので、質問の機会がないセミナーや書籍
などのように、疑問を抱えたまま途方にくれるといった心配はありません。

このページの先頭へ