【ピンポイントチェッカー「株PON」】ラーニングバイドゥーイングで銘柄選定スキルを高める!

kabupon

appli02_red

ピンポイントチェッカー「株PON」は株価が上がりそうな銘柄を見つけ出して一覧で表示すると
いうWebツールですが、ツールに依存するというのはもったいない話です。

というのも、山根亜希子さんの銘柄選定眼が反映された、ピンポイントチェッカー「株PON」を
活用しながら、あなた自身で相場を見て判断ができるようになることが勝ち組トレーダーになる
ための近道
だと山根さんは考えています。

この学習スタイルのことを山根さんは「ラーニングバイドゥーイング」(learning by doing)と
呼んでいますが、言ってみればOJTと同じようなものです。

OJTに関しては否定的な意見が多い一方で、正しく使えば机上の空論ではなく実践的なスキルが
身につけられるというメリットがあることを忘れてはいけません。

多くの企業では教育コストを削減するために「OJT」を間違って乱用していることから勘違いを
されやすいのですが、理論と実践を併用して行うことで教育効果を高めるという本来の意味での
「ラーニングバイドゥーイング」がピンポイントチェッカー「株PON」で行える
のです。

ピンポイントチェッカー「株PON」は単に銘柄を推奨するというだけでなく、株式投資未経験者
に役立つ株式入門マニュアルや「株PON」で紹介されている銘柄をすべて購入できる人とは限り
ませんから、限られた資金を有効活用するためのマニュアルなどの特典も充実しています。

推奨銘柄一覧に表示されているからといって上から順番に選ぶというのは、最適なトレードとは
言えません。

推奨銘柄の中でも、あなたにとって最適な銘柄の選び方というのがあるのです。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ