【AUDNZDでサザンクロスFX】中長期スイングで年平均8回のトレード!

audnzdfx

appli02_red

オーストラリアドル(オージー)やニュージーランドドル(キウイ)は高金利通貨として、
かつては活発に行われていた円キャリートレードを現在でも行う際に用いられることの多い
通貨ペアですが、日本でオージーキウイという通貨ペアでトレードをする人は少数派です。

畑野光一さんは、このオージーキウイに着目しているトレーダーの一人ですが、使い方次第
で中長期のスイングトレードでも十分すぎるほどの利益が出せる通貨ペア
だと断言します。

もちろん、「使い方次第」といってしまえば、オージーキウイに限らず、ドル円やポンド円
などでも同じことが言えるわけですが、週末にマーケットを5分間ほどチェックして、売買
注文を行うのは月曜日の朝、およそ6週間に1回だけのトレードで十分
だと言ったら驚くので
はないでしょうか。

畑野さんが考案した「AUDNZDでサザンクロスFX」は、過去15年間のバックテストで単利
運用で6.3倍、複利運用であれば140倍以上
という運用成績でした。

片張りのトレンドフォローでサヤ取りやナンピン、マーチンゲールは一切使いません。
損切りを入れておけば、ポジションを放置しておいても大きな影響はありませんので、常時
ポジションが気になるといったこともなくなるでしょう。

スキャルピングなどとは異なり、トレードコストは無視できるレベルですから、ほぼ実勢を
反映した結果だといえるのではないでしょうか。

もちろん、過去のバックテストや運用成績が、将来にわたって同じ結果をもたらすわけでは
ありません
が、少額から取り組むにしても始めやすい手法といえるでしょう。

これからトレードを始めるという人にとっては負担が少なく取り組みやすいのは当然として
あなたがスキャルピングやデイトレード、短期スイングトレードなどに取り組んでいても、
新たにトレードを行う負担がほとんどありませんから始めやすいのではないでしょうか。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ