【トレンドピースFX】裁量トレードのリスクヘッジに最適なFX自動売買システム

tpfx

appli02_red

サラリーマントレーダーの「FXトレンド親父」さんが裁量トレードと並行して稼働させている
FX自動売買システムが公開されました。

それが「トレンドピースFX」です。

FXトレンド親父さんがトレンドピースFXを動かしているのは、裁量トレードのリスクヘッジが
目的だと言いますが、裁量トレードでのポジションを管理させたり、損失が出たポジションに
対してナンピンやマーチンゲールを行うことで損失を減らすのが目的ではありません。

FXトレンド親父さんが行っている全体的なポートフォリオ運用の一つとしてトレンドピース
FXを動かしている
というわけです。

つまり、トレンドピースFXはFXトレンド親父さんの裁量トレードとは独立した、全くの別物と
して考えたほうがわかりやすいでしょう。

一時点だけを見れば、全てがマイナスで共倒れという時もあるでしょうし、全てがプラスだと
いうタイミングもありますが、全体的には補完関係にあるというのが、FXトレンド親父さんの
ポートフォリオ運用のスタイルです。

さて、トレンドピースFXは最大ポジションは1ですからナンピンやマーチンゲールは一切使用
していませんし、短期スイングトレードで数時間程度でポジションをクローズします。

スイスフランを対象とした通貨ペアで構成されていることもあって、それほど大きな値動きも
ありませんが、2011年9月の為替介入で大損を出したトレーダーが発生したという嫌な記憶を
思い出したかもしれませんね。

そこで、全てのポジションには浅めのストップをつけていることから、多少のスリッページが
起こっても大きな影響を受けません。

バックテストではトレード回数が1日1回あるかないかという状況ですし、年10%程度という
運用利回りが不満に感じるかもしれませんね。

実際に達成できるのか分からないような派手な利回りの自動売買システムを使いたいというの
であれば、そちらのツールも同時に使えばポートフォリオ運用で良い塩梅になるでしょうし、
FXトレンド親父さんと同じように裁量トレードのリスクヘッジとして使ってもいいでしょう。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ