【空室対策セミナーDVD】「貸し手」の論理だけでは満室運営は不可能!

mansitu

>>公開は終了しました<<

不動産投資で物件の運用利回りを上げるためには入居率を高めるのは当然だとしても、あまりに
家賃が安すぎては意味がありませんし、管理会社などに支払うコストが高いのも問題です。

しかし、このような「貸し手」の論理ばかりを一方的に押し付けても、入居者や入居希望者から
すれば迷惑なだけの話ですし、入居者が退居する原因になる場合さえあります。

そうでなくても大空室時代の到来が確実視されていますし、空き家数が増え続けるという現実が
現れていますので、今後はより厳しくなることはあっても楽になることはないでしょう。

賃貸経営コンサルタント(空室対策アドバイザー)で一級建築士の竹末治生さんは、旧態依然と
した「貸してやる」といった大家業では先細りするのは当然であり、賃貸業をサービス業として
捉えた上で、時代に合わせた経営感覚を磨くことが重要
だと指摘します。

それでは、具体的には何をすればいいのでしょうか?
竹末さんは、以下の5つのポイントをあげています。

  • 空室になる原因を探って適切な対策を行う
  • 賃貸業界の仕組みを知って不動産屋さんを上手に活用する
  • 常に入居者の視点でマーケティングを行う
  • 同地域・同規模程度のライバル物件を調査・研究して対策を行う
  • ポイントを押さえて低コストで費用対効果の高いリフォームを行う

リフォームには時間が掛かるとしても、適切な施策を進めていくことで、1ヶ月もすれば空室を
埋めていくことは可能だと竹末さんは強調します。

空室対策セミナーDVD」で3時間半という長丁場で余すことなく説明していますので、あなた
も中身を知りたいというのであれば、是非とも見る必要があります。

このページの先頭へ