【任売物件取得セミナー】市場価格の半額程度でライバル不在で仕入れられる!

ninbai

appli02_red

市場価格よりも安く不動産物件を手に入れる方法として有名なのが、裁判所が行う「競売
ではないでしょうか。

しかし、落札してすぐに不動産投資をはじめたりマイホームとして住める物件はごく一部で
あって、大半の競売物件は何らかのトラブルを抱えているものです。

暴力団や、家賃を滞納したまま住み続けている不良入居者が居座り続けていることも珍しく
ありませんから、専門の会社であれば事務的に処理をしていきますが、全くの素人が個人で
行うにあたっては過去に何度か経験していないとハードルが高いものです。

また、物件内部が荒れ果てており、リニューアルしないと誰も借りないような状況になって
いるために、改修コストを合わせると割安感が全く失われる場合も多いのです。

数少ない優良な競売物件に多くのライバルが集まることで競争が激しくなり、思ったほどは
安く購入できなかったというケースが増えています。

そこで、不動産投資家の中村一晴さんが着目しているのが「任売物件」です。

任売物件は相対取引になるために、買い手との交渉が必要だという点では面倒に感じるかも
しれませんし、難易度が高く自分には向いていないと考えがちですが、正しい手順を知って
実践すれば簡単に物件を安価に手に入れられる
といったら驚くのではないでしょうか。

もちろん、任売物件は内部が荒れているケースが多いことからリニューアルが欠かせません
し、抵当権が付いていることが一般的ですから売主だけでなく債権者との交渉も必要ですが
それ以上にメリットがあります。

任売物件であれば市場価格の半額程度で購入できるケースは珍しくありませんし、ライバル
不在の場合がほとんどですから、意味なく長期にわたって交渉を行うのは無駄だとしても、
時間に縛られて結論を急かされるといった心配はめったにありません。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ