【アシュラトレード】1日10分で月利10%以上の日経225オプショントレード手法

ashura

appli02_red

日経225オプションと一口に言っても、その活用法はさまざまです。

オプショントレード単体で収益を狙うのはもちろんのこと、現物や先物のヘッジとして使ったり
することも珍しくありません。

普通に売買すると、取引量に対するインパクトが大きくなってしまうために必要以上に値動きが
起こってしまいかねない機関投資家などは、含み損をこれ以上増やさないようにしたり、含み益
を収益化するためにオプション取引を活用しています。

その一方で、個人投資家の場合には、日経225先物や日経225ETFなどと組み合わせてトレードを
するというよりは日経225オプション単体で利益を狙っていくケースが多いのではないでしょう
か。

サラリーマントレーダーなどの場合は、複雑にすると、とてもじゃないが手に負えなくなる事も
珍しくありませんから、できるだけシンプルにわかりやすい形で稼ぎたいという希望もあるので
はないかと思います。

日経225オプショントレードで利益を得ようと思ったら、大きく3種類の戦略があります。

  • 「買い」のみ
  • 「売り」のみ
  • 「買い」と「売り」を組み合わせる

オプションを買って思惑通りに相場が動けば、値動きに合わせて膨大な利益が得られる一方で、
オプションを売っても得られる利益は、あらかじめ固定された金額のみです。

その上、「買い」は損失は購入代金のみである一方、「売り」の損失は青天井だから、「買い」
を中心にトレードしないのは自殺行為だと脅迫するようなトレーダーがいます。

もちろん、日経225オプションを知っている人からすれば間違いではないとしても脅しすぎだと
感じるかもしれません。

それに、トレード勝率はタイミングにもよりますが「買い」が10%にも満たないことも珍しく
ありませんので、売りだから危険だと即座に言い切ることこそ「危険」なのです。

何か面倒くさそうだからヤメタ
と思ったかもしれませんが、そのような人にこそ「アシュラトレード」が役立ちます。

日経225オプションでは、相場のレンジ幅を予想するという方法で利益をあげる事が可能ですし
FXや日経225先物で相場の先読みをするよりも簡単だからです。

それこそ、バイナリーオプショントレーダーであればお手のものでしょう。
ペイアウト率の低いバイナリーオプションよりも日経225オプションのほうが稼ぎやすいです。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ