【MAサイン225】日経225先物寄引トレードツールの定番

ma2014

>>公開は終了しました<<

MAサイン225」シリーズは、日経225先物のシステムトレードツールでは定番となる日中
取引の寄付でエントリーして大引でクローズするという「寄り引け版」と、夜間取引の寄付で
エントリーして翌営業日の日中取引の寄付でクローズするという「オーバーナイト版」の合計
2種類で構成されています。

操作は簡単で、日中取引、もしくは夜間取引が始まる少し前にソフトを起動してクリックする
だけでトレードサインが出るという手軽さ
です。

一昔前のトレードツールのように日経225先物の4本値を入力するといった手間もなく、データ
取得は全自動で行われますからケアレスミスを心配する必要もありません。

あとは、あなたが使っている証券会社の売買画面にアクセスして予約注文を出すだけですから
操作手順さえ覚えてしまえば、それこそ数分あれば全てが終わってしまいます。

とはいえ、MAサイン225の2014年版はパフォーマンスがイマイチよくありません。
近々ロジックのメンテナンスが入って、テコ入れが行われるかもしれません。

このため、現時点ではMAサイン225の2014年版と同封されている初代版のほうが運用成績が
良い状況ですから、両者をポートフォリオ運用するなり、両者のサインが一致した時に取引を
行うといった手段のほうがいいかもしれません。

トレード回数は減りますが、トレード勝率が更に高くなることは確認しています。

また、どれだけ優れたトレードツールであっても損失が続く時期というのは存在します。
その時にトレードをやめてしまうと、その後のトレードチャンスを逃す可能性があります。

短期的なドローダウンに一喜一憂するのではなく、中長期で使い続けるほうが良い結果を得る
ことができるわけです。
(とはいえ、MAサイン225の2014年版は長期的に低迷しているので判断が難しいですね)

このページの先頭へ