【鬼スキャルピング】リスクの小さな短時間FXトレードで稼ぐための手法

onifx

>>公開は終了しました<<

ここ数年は金融危機の発生も少なくなり、金融危機「慣れ」してきた傾向があるのかわかり
ませんが、かつてほどには為替相場も激しく動かなくなってきました。

しかし、現在は経済情勢が安定化したかというと、全くそういったことはなく、国家財政が
不安定だったり危険水域にある国家の数は減るどころか逆に増えているような状況ですし、
政治的・軍事的な不安定要因も日々増えているという状態です。

つまり、いつ暴騰・暴落が起こってもおかしくないような中で、平凡な日々を過ごしている
というほうが正確かもしれません。

そこで、資金をリスクに晒す時間を可能な限り減らすために重宝するのがスキャルピングと
いうわけです。

スキャルピングに対しては取引コストが増えるから非効率などとマイナス面を指摘する人も
少なくありませんが、金融危機などの暴騰・暴落リスクを軽視しすぎている傾向があるから
こそ出てくるのではないかと思います。

スイングトレードなどでポジションを持ち続けていると、損切り用のストップを設定したと
しても相当なスリッページが起こることは、過去のケースをみれば明らかですし、損切りが
できずに退場に追い込まれたFXトレーダーは、それこそ山のようにいます。

平時であれば十分な資金管理だったとしても、金融危機発生時の値動きは異常もいいところ
ですから、多くのトレーダーがマージンコールを迎えて強制決済された挙句に巨額の損失が
残るという結果に終わっています。

それこそ、簡単にマイナス数百万、マイナス数千万という金額になりますから、人生終了に
なる人も出てくるというわけです。

このような悲惨な結末を迎えたくなければスキャルピングで資金をリスクに晒す時間を可能
な限り減らしたほうがいい
というのが、現在のFXトレードの主流になっています。

しかし、短時間でトレードを完了させるのがスキャルピングですから、ただでさえ忙しい事
もあって、なかなか思い通りに稼げないという悩みがあるのも事実でしょう。

そこで役立つのが「鬼スキャルピング」です。

難しいことは覚える必要はありませんし、覚えたところでスキャルピングでは使えません。
考える時間がもったいないからです。

このページの先頭へ