【超速スキャルピング】4種類の売買ロジックと5種類の実践的テクニック

chosoku

>>公開は終了しました<<

現代のFXトレードでは主流となっているスキャルピングは、短いタイミングでトレードを
繰り返して利益を積み重ねていきますから、よほど素早くトレード判断ができるスキルが
ないと無理ではないかと思ってあきらめているかもしれません。

運動神経や反射神経がニブイからスキャルピングには向いていないと思い込んでいるかも
しれませんが、単なる「食わず嫌い」になっているだけというケースも多いものです。

何時間もトレードを積み重ねるだけの精神力をキープ出来るだけの自信がないという人も
いるのではないでしょうか。

スキャルピングでは、数回程度のトレードを行っただけでは望んだ利益が得られない事も
珍しくありませんから、トレードを繰り返すうちにクタクタになるといったことも頻繁に
起こります。

ただでさえ仕事を終えて疲れているのに、FXトレードに集中出来るだけの体力と精神力が
ないといった具合で、無理してトレードを重ねた結果、散々な結末を迎えた経験があると
いう人もいるでしょう。

そこで、毎日何時間もFXスキャルピングトレードに取り組まなくても、1日15分程度で
無理なく利益を積み重ねるトレード手法
を「為替鬼」こと津田さんが考案しました。

それが「超速スキャルピング」です。

24時間いつでもトレードチャンスがあり、それこそ空き時間に取り組むだけでも稼げると
いうのですから驚くのではないでしょうか。

超速スキャルピングでは、

  • 上げ止まり・下げ止まり
  • 利食い
  • 損切り
  • 再エントリー

という4種類の売買ロジックと、

  • ベッティング
  • 円/ドル/ユーロの主要3通貨ペアの判断方法
  • 大陽線・大陰線
  • パラメーター調整
  • MAE(最大逆行幅)の確度

という5種類のテクニックを学ぶことで優位性のあるトレードができるようになります。

このページの先頭へ