【Mr.Hiltonストラテジー225】日経225先物独自の「クセ」が勝利の秘訣

hiltonnk

appli02_red

日経225先物には、独特の「定型化した動きのパターン」があることを知っていますか?

単純に言えば、目の前の信号が青になったから横断歩道を渡ったり、車を走らせるといった
具合に、シンプルでわかりやすいパターンが日経225先物には存在すると指摘をするのは、
先物トレーダーのHiltonさんです。

このパターンはチャートを見れば簡単に識別できるものであり、芸術品の鑑定をするような
高度な観察眼は必要ありません。

それこそ、ひと目でわかるようなクセですから、知っているかしらないかの違いでしかあり
ません。

この日経225先物チャートに潜むクセを解説したのが「Mr.Hiltonストラテジー225」です。

トレードをするのは、早ければ日中取引の寄付直後から数十分間という短さですし、長い日
でも午前中には終えてしまいます。

というのも、このクセがでやすいのが日中取引の寄付から午前中にかけての時間帯ですから
午後やナイトセッションで見かけることが少なく、チャートを見ているだけ疲れるからだと
いうのがHiltonさんの解説です。

このため、仕事を終えて帰宅してから日経225先物トレードで一稼ぎしようというのには、
Mr.Hiltonストラテジー225は向きません。

と従来は結論づけていたわけですが、Hiltonさんが日本の会社員の勤務状況を考慮した上で
ナイトセッションでも見られるクセをまとめてくれました。

このため、現在はナイトセッションしかトレードできないサラリーマントレーダーであって
も問題なくMr.Hiltonストラテジー225を実践することが可能
です。

ポジションはオーバーナイトなどの持ち越しをすることもなく、その日のうちにエントリー
して決済するというスキャルピングからデイトレードスタイルのトレードです。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ