【住宅の電気代裏節約術】電力・住宅関係者しか知らない節電方法

denkidai

>>公開は終了しました<<

当たり前すぎる話だとは思いますが、電気は使わなければ安く済みます。

太陽光発電や都市ガス・プロパンガス、石油などを有効活用したり、敷地に余裕のある田舎で
あれば薪などの資源を使うことで電気代を減らしながら光熱費全体も抑制できますが、都市部
などでは難しいことも少なくありません。

特にオール電化住宅やマンションなどに住んでいたりすると、電気代の値上げが光熱費の高騰
に直結しますので、頭を抱えているのではないでしょうか。

そこで、電力・住宅関係者しか知らない、お金をかけずに実現できる節電方法を知りたくあり
ませんか?

電気代が年間で数万円程度は安くなることも可能だといいます。

もちろん、現時点で年数万円しか支払っていない人が無料になるといった話ではありません。

それなりに電気代を支払っている人のほうが高い節約効果を実感できるという意味です。
電気代が高めのオール電化の家庭であれば、高い節約効果を実感できるでしょう。

「電力・住宅関係者しか知らない」というのは、電気代を測定するために各家庭に設置されて
いる「電力メーター」の構造や特性を理解しているかどうかという点です。

当然ですが、電力メーターの数値を操作して使用量を少なく見せかけるといった違法な話では
ありません。

この「電力・住宅関係者しか知らない」節電術が「住宅の電気代裏節約術」というマニュアル
として公開されました。

というのも、この節電術の使い方を間違えると電気代が安くなるどころか、逆に電気代が高く
なってしまいます。

確実に正しい手順を知る必要があることから、無料ではなく責任をもって有料で配布している
のです。

このページの先頭へ