【225デイトレードライジング】明確なスケジュールとロジックが常勝の秘訣

dayrise

appli02_red

日経225先物だけに限った話ではなく、FXや株式など、大半のトレーダーが明確なトレード
シナリオやスケジュールなどを持つことなく、感情任せのトレードになっている
というのが
現実です。

トレードシナリオやトレードルールを決めていても、実際にトレードでは守られないという
ケースも珍しくなく、これでは稼げるわけがないのも当然ですが、実際にトレードをすると
多くのトレーダーが同じように陥る「人間感情のワナ」といえるでしょう。

もちろん、トレードシナリオやトレードルール自体に重大な欠陥があって、守るほどに損失
が増えるのであればシナリオやルールを変える必要がありますが、シナリオやルールを破る
というのでは、何が正しいのか間違っているのか検証のしようがなくなります。

シナリオやルールの有効性を検証するためにもルール破りは厳禁ですが、目の前の値動きが
もたらす誘惑が非常に強いというわけです。

特にチャートやテクニカル指標を見続けていると、それらの誘惑が強くなってくるのも当然
でしょう。

このような誘惑に振り回されないようにするためには、曖昧模糊としたシナリオやルールを
使うのではなく、具体的でわかりやすく実績が明確で信頼性に足るものを使うことで、一時
的にマイナスが生じても不安を感じることなく使い続けられるのです。

225デイトレードライジング」は何時何分に何をチェックするといった具合に、トレード
指示が明確ですし、トレード単位では損失を出すことがあるのは当然としても、2006年以降
月単位でマイナスになったことは一度もない
という実績があります。

225デイトレードライジングとあるように日経225先物のデイトレード手法です。
トレードロジック自体は日中取引・ナイトセッションとみっちりと書かれていますが、全て
ができないという人でも複数の戦略の中から「つまみ食い」ができるようになっています。

平日は仕事という人であれば、寄引やナイトセッション、オーバーナイトなどトレード可能
なものだけを選べばいいですし、接客業などで週末が仕事で平日が休みであれば、その日は
可能な限りトレードし続けるといった活用法も可能です。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ