【満室アチーブメントプログラム】空室対策は力の入れどころが重要

mansitu

appli02_red

不動産投資において重要な要素の一つが空室対策です。

運用利回りをいくら綿密に計算したところで、実際に入居者が入らなければ
「絵に描いた餅」
でしかありません。

もちろん、このような無残な結果にならないように、さまざまな条件を考慮して見積もり段階で
計算するわけですが、完璧に想定通りに進むケースばかりとは限りません。

入居率が下がってきた物件に対しては空室対策を行う必要があるわけですが、管理会社が仕事を
しないから空室が増えるという具合に文句ばかりを言っていたり、責任転嫁をしているだけでは
いつまでたっても空室が解消することはないでしょう。

また、家賃の値下げやリフォームをすれば空室が埋まるなどといった短絡的な発想も空室対策を
行う上では適切な考え方とはいえません。

空室対策を行うためには、枝葉のテクニックよりも重要度の高いポイントから重点的に攻略して
いくことが近道
だと指摘をするのは、神奈川県在住の不動産投資家である一木彰弘さんです。

その重点ポイントとしては、借り主を連れてきてくれる不動産会社との関係を今まで以上に良く
したり、賃貸物件を探している人があなたの物件を選ぶように必要な情報を的確に提供するなど
といった、当たり前でありながらも忘れがちなポイントばかりです。

普通の商売と同じように、単純に言えば見込み客がほしい物を提供すれば売れるわけです。

不動産投資といっても商行為の基本から外れることはなく、この基本は同じですから、あなたの
都合をゴリ押ししたところで、管理会社や不動産業者はもちろんのこと、あなたの物件に興味を
もった見込み客も愛想を尽かして逃げてしまいます。

そこで、一木さんが空室対策を体系化した「満室アチーブメントプログラム」をフル活用する事
で、早期に満室運営に戻したくはありませんか?

空室対策として当たり前のことを今さら学び直すのかと憂鬱な気分になっているかもしれません
が、それができていなかったからこそ空室対策が必要になったという点を忘れてはいけません。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ