【交通事故慰謝料最大化示談交渉術】保険会社の言いなりではいけない!

jidan

appli02_red

交通事故の示談金交渉というのは、保険会社中心に動くことが珍しくありません。

被害者の治療が完全に終わっていなかったとしても、3ヶ月立てば一方的に「打ち切り通告」を
行った挙句、数十万円程度の示談金にハンコをつかせて完了といった具合です。

もちろん、瀕死の重傷を受けた挙句に、身体の切断や誰が見ても後遺障害が残るような状態だと
いうのであれば、いくら横暴な保険会社でも一方的に雀の涙のような保険金で打ち切るといった
ケースは皆無ですが、見た目で判断するのが難しいムチウチ等の場合は揉めることが珍しくあり
ません。

被害者からすれば、まったく回復した気配が感じられない状況で、保険会社の担当者は一方的に
支払いの打ち切りを通告してくるわけですから、感情的に納得出来ないのも当然
でしょう。

あなたも、保険会社の担当者と交渉をしているとは思いますが、相手も数多くの交通事故対応を
してきた曲者ですから、なかなか話が通じずに苦労しているのではないでしょうか?

そこで、交通事故にあった後に保険会社の理不尽な仕打ちに憤りを感じたことをきっかけとして
今では「交通事故問題のエキスパート」と呼ばれている私立探偵の杉山潤二さんが、保険会社の
仕打ちに負けることなく慰謝料を最大化するための手法をマニュアルにまとめました。

それが「交通事故慰謝料最大化示談交渉術」です。

慰謝料だけでなく、完治していないのに治療費の打ち切りをされないようにするための方法や、
示談にあたって、あなたに最も有利な形で決着するためのノウハウを知ることができます。

もちろん、知識として知っただけでは意味がなく、あなたや代理人が行動しなければ意味があり
ません。

時には、キチママのように斜め上の論理を振りかざして主張をし続けなければいけない時もある
でしょうし、医師に診断書を作成してもらう際には有利な記述を入れてもらうように誘導したり
演技が求められることも出てくることもあるでしょう。

自分に嘘は付けないからといって遠慮していると、雀の涙の慰謝料しか受け取れずに、ふんだり
蹴ったりの結果に終わるだけです。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ