【REA流不動産収支シミュレーションシート】不動産鑑定士が作った運用利回りExcelシート

rea

appli02_red

不動産投資で欠かせないのが「物件探し」ですが、不動産業者や金融機関が計算する想定運用
利回りをうのみにして物件を購入する人はほとんどいないと思います。

あなた自身においても、Excelなどを使って数値を入力した上でシミュレーションを行うとは
思いますが、どのような項目を用意して数値を入力するかといった点は不動産投資家によって
大きく違ってくると思います。

物件購入のためのローン返済やランニングコスト、税金などの計算は必要だとして、入居率や
家賃がどこまで下がれば赤字になるのかといった計算や、途中で売却する場合の損益計算など
シミュレーションをどのように行うかで人によって違いが出てくるものです。

シミュレーションというのは複雑化すればキリがありませんから、ある程度の段階で決め打ち
してしまうケースが多く、その結果が甘いと、あとで大赤字になってしまいかねません。

不動産投資は金額が大きなこともあって、一度失敗すると取り返しがつかない結果になりかね
ないのにも関わらず、甘い見通しで決断してしまうのは危険だとは理解していても、あまりの
複雑さに頭の中がついていけない場合も多いのではないかと思います。

あなたが納得できるシミュレーションが行えずに困っているのであれば、不動産鑑定士が作成
した「REA流不動産収支シミュレーションシート」が役立ちます。

あなたが購入を検討している物件を購入してから売却するまでの収支だけでなく、投資利回り
についても必要事項を記入するだけで簡単に算出します。

REA流不動産収支シミュレーションシートを作成した不動産鑑定士のREAさんは、IRR(内部
収益率)の比較が重要だと指摘します。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ