【ライントレードセミナー動画】簡単そうで難しいライントレードをマスター

l-trade

>>公開は終了しました<<

ライントレード」と一口で言っても、(最終的には同じだったとしても)その意味合いは人に
よって異なることも珍しくありません。

トレンドラインやサポートライン、レジスタンスライン、更には湘南新宿ラインやアクアライン
・・・すいません、調子にのりすぎました。(笑)

話を戻しますと、ライントレードにおいて何種類かのラインを使いますが、トレーダーによって
使うラインが異なるのにも関わらず、全て「ライントレード」とまとめてしまうから紛らわしい

という話です。

さらに、ライントレードを必要以上に難しくさせるのには他にも理由があって、過去チャートで
練習をする分には山と谷の天井と底を引けば簡単に完成できることから、ライントレードなんて
簡単なものだと勘違いしがちですが、リアルチャートでは全く思い通りにラインが引けない事も
決して珍しくありません。

間違えたのであれば何度でもラインを書き換えていけばいいだけの話だと割りきってしまうのも
一つの方法ですが、何度も繰り返していると信ぴょう性に疑問を感じてしまい、ライントレード
自体が役に立たないと結論づけてしまいがちです。

しかし、正しくラインを引けるようになれば、チャートの値動きを正確に理解できるようになり
ますし、テクニカル指標がその性質上、どうしても実際の値動きから遅れてしまう「遅行指標」
になるのに対して、チャートそのものを使うライントレードでは時間的遅延はありません。

ライントレードをマスターすれば、テクニカル指標頼みのトレーダーと比べて一歩先のトレード
ができる
というわけです。

そこで役立つのが「ライントレードセミナー動画」です。

一瞬でも早いほうが有利なのはFXだけに限った話ではありませんが、ライントレードをマスター
することで早いタイミングで売買判断ができるようになります。

このページの先頭へ