【朝株トレード手法】数分間の超短期売買で不安感なく利益を積み重ねる

asakabu

>>公開は終了しました<<

株式トレードの手法はさまざまなものが存在します。

バイアンドホールドでお馴染みのバリュー投資が「正統派」などと言われがちですが、他の
トレード手法が愚かで実践するのは邪道だというつもりは一切なく、トレーダーの相性次第
では短時間トレードのほうが好都合なケースも珍しくありません。

売買回数が膨らむことで手数料分がモッタイナイといった言い方もされますが、貴重な資金
をリスクに晒す時間を減らすほうがパフォーマンスを低下させるよりも重要だという観点で
トレードを行っているというだけの話です。

バブル崩壊後は、20年以上の長期にわたって株を持ち続けたところで損失が膨らみ続けたと
いう具合に最悪の結果になったこともあって、中長期にわたって持ち続けることへの警戒感
が強いことは事実ですし、21世紀に入って金融危機が続いたことも影響しています。

そこで、リスクが少なく利益が得られる株式トレード手法を探しているというのであれば、
朝株トレード手法」が役立ちます。

機械的にスクリーニングを行うだけで、10分程度で売買するべき銘柄を簡単に絞り込むこと
ができますし、売買タイミングも簡単にわかります。

エントリーからクローズまでの時間は最短数分と短いことからストレスを感じる心配もあり
ませんし、今までのトレード実績から言えば滅多に負けずに利益を積み重ねていけるという
のも心強いのではないでしょうか。

平日の午前9時前後に少し時間が取れる人であれば、朝株トレード手法は実践できますので
労働者にとっては難しいかもしれませんが、リタイアした高齢者から朝は暇だという大学生
まで多くの人が小遣い稼ぎ感覚で取り組めます。

このページの先頭へ