【ヒアリングテクニックを学べ】物件の購入判断に不可欠な情報を引き出すテクニック

hearing

>>公開は終了しました<<

不動産投資で欠かせない要素の一つが「物件探し」です。

当然ながら、業者が言う「運用利回り」を鵜呑みにすることなく、あなた自身においても事前
調査が欠かせませんが、この調査が不十分だったために、物件を買っても入居者が増えること
なく空室だらけで困るといったケースも珍しくありません。

家賃を下げると利回りが低下するのはもちろんのこと、空室が減るとは言っても入居者の質も
低下する場合が珍しくないために悩ましいのではないでしょうか。

事前調査で欠かせないのが「現地確認」ですが、ただ物件を見ただけでは意味が無いと指摘を
するのは不動産投資家の今田信宏さんです。

物件の痛みや汚れが少なかったり、その物件の周辺環境が優れているからといって満足したと
いうのでは、満室経営に欠かせない肝心なところを完全に見落としているというわけです。

今田さんは、現地確認では以下の3つのポイントに注意してチェックしていると言います。

  • 物件そのものを見極める
  • 環境を見極める
  • 物件の入居者付けの容易さを見極める

上2つは他の不動産投資家も行っていますが、一番下の「入居者付けの容易さ」という観点が
抜け落ちているために物件選びに失敗するケースが多いのです。

この「入居者付けの容易さ」について、最も豊富なノウハウを持ち合わせているのが賃貸仲介
業者であり、どれだけの情報を引き出せるかで物件の購入判断に大きな影響を与えます。

たとえ、あなたの地元で土地勘のあるエリアだったとしても、一住民と賃貸仲介とでは全くと
言っていいほど「入居者付けの容易さ」についての情報量が異なりますし、遠隔地ともなれば
説明するまでもないでしょう。

賃貸仲介業者に飛び込んで情報を得ようと思っても、漠然とした質問しかできなければ無意味
ですし、聞き方が悪ければ邪険に扱われたり、追い出されることも珍しくありません。

あなたが欲しい情報を引き出すためには、しっかりと希望物件や周辺環境についての事前学習
をした上でヒアリングテクニックを鍛えるしかありません。

そこで役立つのが、今田さんの「ヒアリングテクニックを学べ」です。

このページの先頭へ