【インビジブルマネー】お金の「知識」よりも重要なのは「知恵」

i-money

>>公開は終了しました<<

お金の稼ぎ方や資産運用といった「知識」を増やすための教育は、内容の善し悪しは別としても
さまざまな機会を通じて行われていますが、このような教育に対しては重要な観点が抜け落ちて
いる
と指摘をするのは、匿名希望の富裕層「あしながおじさん」です。

その観点というのは「お金の知恵」だというわけですが、お金の知識と知恵では何が違うのかと
疑問に感じているかもしれません。

知恵の辞書的な意味としては、筋道を立てて計画し、正しく処理していく能力とされていますが
お金の問題を解決するための知識をいくら身につけても、計画を立てて処理出来るだけの知恵が
なければ解決するのは不可能
だというわけです。

学習スピードに個人差があるとは言え、勉強することで知識を増やすことはできますが、知恵と
いうのは勉強すれば身につくようなものではなく、自らの経験から身につけていくものですから
そう簡単には身につきません。

ところで、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」などと言われますが、あなたが愚か者だと
言っているわけではなく、多くの人が勘違いしているのですが、経験から学ぶことが愚かな行為
だと戒める格言ではありません。

ここでいう「歴史」というのは、社会の科目のように丸暗記する事柄のことを言っているのでは
なく、「他人の経験」と言い換えると理解しやすいと思います。

自らの経験だけでなく、他人の経験も有効活用して知恵として取り込むことが非常に有益である
という事を言っているのです。

「お金の知恵」に関しても、あなたの経験だけではロクなことになっていないと思いますので、
正しい知恵を身につけるためには、他人の経験を有効活用することが欠かせません。

そこで役立つのが「インビジブルマネー」です。
一人ひとりに用意された8日間のWebプログラムです。

受講前に「あしながおじさん」にヒヤリングシートを提出すると、あなたにあったプログラムを
用意してくれますから、そのカリキュラムに従って8日間受講するという流れになります。

インビジブルマネーは自宅などで受講できますし、受講時間に制限はありませんが、毎日課題を
出されますので、その課題に答えて提出する必要があります。

このページの先頭へ