【収益マイホーム攻略指南書】憧れのエリアの物件を「実質0円」でゲット!

semyhome

appli02_red

東日本大震災に伴う停電で、特にタワーマンションの高層階に住むことに対する脆弱性が明確に
なったはずなのですが、利便性の高さもあって再び人気が復活しているといいます。

東京などの都心部でも意外に安く購入できることから、郊外や地方の一戸建てよりは便利という
実用性のほうがエレベーターや電気が使えなくなることによる不便よりも優先されるという事の
ようですね。

しかし、わざわざ災害時に「陸の孤島」になりかねないタワーマンションの区分所有をするより
も、あなたの憧れのエリアの物件を実質無料で手に入れる方がいいのではありませんか?

この夢のような話を現実化してくれるのが「収益マイホーム攻略指南書」です。

実質無料で物件を手に入れる方法として、既に物件を持っている人を騙して乗っ取ったり、養子
縁組や婚姻関係を悪用するといった違法行為は一切行いません。

賃貸アパート付のマイホームを建てることで、賃貸部分からの家賃収入で自宅を含めてローンを
支払うことから、あなた自身の負担がなくなる
というわけです。

建築条件の許す範囲で、高層マンションにするか、低層階の物件にするかはあなた次第ですが、
あなたの自宅部分は津波が来ない範囲で低層階にするなどしておけば、停電が起こっても苦労を
せずに済むでしょう。

津波などの心配がなければ、1階に住んでもいいのではないでしょうか。
しっかりと作っておけば、地震で1階部分が押しつぶされるようなこともありません。

ローン支払いが終われば、家賃収入は完全に「不労所得」になりますから、その頃は物件自体が
老朽化していればリニューアルが必要になりますが、それこそリストラされて無職になったり、
定年退職して年金では不安だという状況でも安心して暮らせます。

物件を建てる場所に気をつければ、仮に空室が出来ても新しい入居者が簡単に決まっていきます
から、空室だらけで家賃が入らずにローン返済ができなくなるといった心配はありません。

高級住宅地など、自治体の条例や地域の自主規制で賃貸アパート付のマイホームが建てられない
エリアもありますが、建築するのが問題無いことが確認できれば、それこそ、東京の一等地でも
金額の高さのために諦める必要はないのです。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ