【メガバンク銀行員の不動産運用&投資】破産や自殺をしないための投資法

smbcreal

>>公開は終了しました<<

新築不動産のうち70%が運用に失敗して破産しているという現状を知っていますか?
三井住友銀行のローン担当者が明らかにした事実です。

銀行側は担保を回収しますから損失は被らないのですが、物件を持っていたオーナーは悲惨な
結末しか残されていません。

事業の失敗や生活苦などによる多額の借金とは異なり、投資の失敗はギャンブルなどの道楽と
同じ扱いをされますので自己破産をしても免責されないことが一般的です。

このため、貸出元からの取り立てが一時的におさまって、債権者との交渉がしやすくなるだけ
の話であって、負債を一生かかっても返し続けなければいけなくなりますから、精神的に耐え
られずに自殺していく人も続出しています。

中古物件で不動産投資を行うから関係ない話だと思っているかもしれませんが、運用に失敗を
すれば同じ結末が待ち受けている
ことは言うまでもありません。

プロの不動産投資家は満室で運用利回り20%以上なければ、とてもじゃないが手を出せない
いいますが、サラリーマン大家さんを中心として素人に毛が生えたようなレベルの人が10%台
の想定利回りで物件を次々と買っていくことに戦慄さえ感じる
と指摘します。

そこで、見通しの甘い素人レベルの不動産投資家の言うことに騙されず、人生を棒に振ったり
自殺に追い込まれない不動産投資をするために効果的な方法が役立ちます。

それが「メガバンク銀行員の不動産運用&投資」です。

このページの先頭へ