【20代不動産投資法】資金なし・信用なし・経験なしの悪条件を吹き飛ばす

20rs

>>公開は終了しました<<

20代で不動産投資は早すぎる
と思っていませんか?

物件を買うだけの資金がないのはもちろんのこと、融資を受けられるだけの信用もなければ
不動産投資だけでなく人生経験が短いこともあって、百戦錬磨の不動産屋やライバルたちに
競り負けてしまうのではないかといった不安を感じているかもしれません。

若いうちは、少額で始められるFXや株式の方が投資としては良いのではないかと思っている
のではないでしょうか。

しかし、元銀行員として融資業務を行った経験があり、独立後は不動産投資アドバイザー兼
ファイナンシャル・プランナーの坂本憲彦さんは、20代こそ不動産投資をはじめるのに最適
な年代
だと断言します。

確かに、不動産投資は初心者にはハードルが高く、1件目で失敗すると資金繰りがつかなく
なって、高額な物件だと返済できずに自己破産というおそれもあるなど、厳しい一面もあり
ます。

自己破産は免れたとしても、借金が残ってしまうことで、給料などから返済するのに時間が
かかって新たな物件を探すどころの話ではなくなります。

また、金融機関は、過去に融資・完済実績のある人に対しての新たな融資に関しては比較的
簡単に貸出を行うの対して、新規融資には厳しい態度を示す傾向があることも不動産投資を
はじめるのが難しい理由といえるでしょう。

だからこそ、金融機関からの「融資の重要性」を知った上で、融資を引き出せるようにする
ための知識と手法
を知っておく必要があるわけです。

利回りの高い物件探しばかりに気を取られていると、融資が下りずに、四苦八苦することに
なりかねません。

そこで、富裕層の息子といった好条件でもない限り、資金なし・信用なし・経験なしという
三重苦に苦しめられやすい20代不動産投資家が成功するための手法
を坂本さんがマニュアル
にまとめました。

それが「20代不動産投資法」です。

このページの先頭へ