【グローバルクリック】60セカンズに隠されたリスクが資金を失わせる

g-click

>>公開は終了しました<<

バイナリー規制の影響で国内業者は使い物にならなくなった事から、バイナリーオプションは
海外業者で行うことが前提条件
となりました。

その中でも人気が高まっているのが、60セカンズを始めとした短時間トレードです。

好きなタイミングでエントリーが出来るだけでなく、60セカンズであれば1分後に結果が出る
ことから15分毎に締め切りが設定されているHIGH&LOWと比べてトレード回数が多く、
大数の法則によって勝率が安定しやすいといったメリットが強調されています。

しかし、60セカンズなどには「意外な落とし穴」が潜んでいることを知っていますか?

あなた自身の裁量で取り組んでいるのであれば、トレードスキルそのものの結果しかでません
から、60セカンズやHIGH&LOWといった種目に影響されることは少ないと思います。

一方で、シグナルを出すトレードツール頼みというのであれば、シグナルが出てからトレード
するまでに時間がかかる
という観点を忘れてはいけません。

バイナリー業者の売買注文画面を開いておいて、ワンクリックで売買注文が通る状態で準備を
行っていたとしても、シグナルが出てから実際に注文するまでの間にはタイムラグが存在する
ものです。

スキャルピングと同様に非常にシビアですから、このタイムラグによってシグナルの有効性が
失われてしまう機会が意外と多く、当然ながらトレード勝率を引き下げる結果になりますから
思ったほどには稼げないといった結果になるのです。

300セカンズまで引き伸ばせば多少はタイムラグの問題は改善されますがツールの精度が悪化
するといった問題もあって中々思い通りにはいきません。

時代遅れだと思われがちなHIGH&LOWのほうが実はタイムラグが少ないというメリット
を忘れてはいけません。

このページの先頭へ