【プロフェッショナルトレーダーの教科書】躓くポイントを知れば転ばずに済む

protrade

appli02_red

経験をしなければ身につかないこともありますが、あらかじめ知識として知っておくことで
たとえ経験をしていないことであっても判断できる
といったケースは少なくありません。

この知識を増やすという極端なケースが「詰め込み教育」ですから、「頭でっかち」などと
小馬鹿にする向きもありますが、自ら経験するだけでは一生かかっても身につけられない事
を効率よくマスターできる
という点では悪い点ばかりではないのです。

極端なケースでいえば、失敗したら死ぬような危険なことをする場合、経験して体で覚えろ
と言ったところで不可能ですから、死なないようにするための手順やノウハウを事前に学習
した後に実践するという流れが必要不可欠になるわけです。

そもそも危険なことなどしなければいいという向きもありますが、命がけで仕事をしている
救助隊や救急、消防、軍隊などは誰もやらなければいいといった単純な話ではありません。

話がそれましたので元に戻すと、FXや株式トレードというのは人間誰しも身につけなければ
いけないようなスキルではありませんし、学校で教えるようなことでもありません。

その結果、試行錯誤をしながら証券会社を使って売買注文を出しては損をするという光景が
毎日どこかで見られるわけですが、トレードで躓くところは面白いほどに同じところばかり
だということが明らかになっています。

このトレードで躓くポイントに関して学校教育のように一斉に学べる機会があれば、多少は
現状より改善すると思うのですが、そのような機会がありませんから転んでいくわけです。

そこで、あなたが他のトレーダーと同じ部分で転びたくないと思うのであれば「プロフェッ
ショナルトレーダーの教科書
」が役立ちます。

FXや株式といった個別の投資商品に限った話ではなく、トレード全般に通用する損をしない
ための知識を身につけられます。

稼げるトレード手法というものばかりを探し求めていると、このような躓くポイントを必ず
といっていいほど見落としますので注意が必要です。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ