【壮絶な借金地獄からの完全脱出マニュアル】自己破産は「出口」ではない!

shakin

>>公開は終了しました<<

司法書士や弁護士が
「借金を解決するためには自己破産」
といったフレーズで広告や宣伝を行ってきたこともあって、借金を返せなくなったら自己破産
すればいい
といった具合に安易に考える風潮が広まっています。

もちろん、借りたものは返さなければいけないといった倫理的な話をしても仕方がありません
し、返せなくなった時に自転車操業をした所で改善する余地はありませんから、必要なときは
自己破産すればいいのです。

しかし、自己破産しなくても済むケースで自己破産をしたがために、その後の人生で不利益を
こうむるケースが増えている
というのが問題なのです。

借金苦から逃れるための「手段」や「方法」を知っていれば、もっと早い段階で借金地獄から
抜け出せた
というケースもありますし、収入が必要最低限の支出さえも満たせない状況で借金
体質が解消されていないのに目の前の借金だけ消しても意味が無いというケースもあります。

すでに自己破産していますから新たに借り入れを起こすことができず、それこそ違法なヤミ金
しか借りる先がないといった状況に陥ると、そもそも法律の枠外での貸し借りですから返済も
法律の入り込む余地がないケースがほとんどです。

弁護士などは法律の枠外だから返済の必要はないと机上の空論を言いますが、ヤミ金にとって
みれば、それこそヤミ金の自転車操業で身動きがとれなくなるまで追い込んでいきますから、
脱出するのは不可能になってきます。

やはり、借金問題を解決するための適切な対処方法を知った上で、あなた自身が行動を起こす
ことが重要
です。

弁護士や司法書士が書いた「方法論」だけでは、ほとんど役に立ちません。
法律的には云々といった事ばかりが並んでいて、多重債務の苦しみや取り立てられた側の心理
からの視点が全て抜け落ちているからです。

このページの先頭へ