【Intelligent MultiTrader】時間軸分散ロジックでポートフォリオ効果を高める

i-multi

appli02_red

FX自動売買システムでは複数のロジックを同時に稼働させるポートフォリオ運用が一般的に
なっています。

その理由は簡単で、全ての相場展開に適切に対応できるロジックを開発するのは無理だから
相場展開に対応したロジックを複数個動かすことで、個々のロジックでは損失や利益を出し
ながらも、総合的には利益が残るようにしているわけです。

しかし、どのようなロジックを搭載するかによってパフォーマンスは大きく変わります。

同じロジックで通貨ペアを変えるという構築方法もあれば、トレンド相場向け、レンジ相場
向け、揉み合い相場向けといった相場状況を得意とするロジックを集めてポートフォリオ化
するといったケースも珍しくありません。

似たり寄ったりの内容のロジックを複数個同時に動かしても意味がありませんし、ロジック
数が多ければ多いほどいいというものでもありません。

そこで、「Intelligent MultiTrader」では時間軸というファクターに着目しました。

スキャルピング向けロジック、デイトレード向けロジック、スイングトレード向けロジック
と大きく3種類のロジックを「時間軸分散型マルチロジック戦略」でポートフォリオ化した
のが特徴的です。

それぞれのロジックにおいてはトレンドフォローを基本としていますが、時間軸に合わせた
最適化が行われていることでパフォーマンスの最適化をはかっています。

もちろんロジックの陳腐化をまねくようなカーブフィッティングでは意味がありませんから
9年間におけるバックテストにおいても優位性を発揮できるようにロジックに過度の調整は
行われていません。

Intelligent MultiTraderはMT4で自動売買が行えるFX業者であれば制限はありませんので、
あなたが使っているFX業者があれば、そこで稼働させることが出来ます。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ