【ナイトゼロFX2014ロボットシグナル版】シグナル配信のロジックをインジケータ化

nit0fx14

appli02_red

現在は販売終了となっている「ナイトゼロFX2012ロボットシグナル版」のロジックが改良されて
新たに登場したのが「ナイトゼロFX2014ロボットシグナル版」です。

ナイトゼロFX2012のほうを使っていた人であれば良さがわかっていたのではないかと思いますが
ロジックの陳腐化の影響を受けてパフォーマンスが悪化した事を感じたのではないでしょうか。

2014年に入って損失が続いたこともあって、運用を止めたという人もいるかもしれません。

しかし、面白いのは、インジケータが出すシグナルを見るだけなのにも関わらず、トレーダーに
よって成績が大きく異なる
という点です。

ナイトゼロFX2012のベンチマークを行っていたレビューサイトを比較すればわかると思いますが
「2014年も絶好調」と書くレビュアーがいる一方で「エントリーチャンスさえなく損失続き」と
いった全く正反対の結果になっているのが、なんとも印象的ですね。

多少の差であれば、FX業者のスプレッドの違いやトレードタイミングのズレなどで説明できるの
ですが、プラスとマイナスで何百pipsも違ってくるとなると大変です。(笑)

出鱈目な運用成績を掲載しているのではないかと疑いたくなるのも当然でしょうね。

あなたが過去にナイトゼロFX2012を稼働させていた経験があれば、あなた自身が運用成績に最も
詳しく知っていると思いますから、あえて書くのはやめておきましょう。

さて、改良版の「ナイトゼロFX2014ロボットシグナル版」ですが、前作と比べてトレードルール
自体にも修正が加えられます
ので、改めて確認してみましょう。

火曜から金曜の午前0時エントリーは同じですが、決済注文の最終時間が当日の21時と従来よりも
3時間弱早くなりました。

また、トレード対象の通貨ペアも根本的に変わり、ユーロ円、ポンド円、米ドル円というクロス
円通貨中心の構成となっています。

ナイトゼロFX2012のクロスドルと比べて、今は円のほうがいいという判断によるものでしょう。

[文章の続きを読む]

このページの先頭へ